事例紹介

Works

オリジナル枡のつくり方『 冷え枡 』編

オリジナル枡のつくり方『 冷え枡 』編
  • 名入れ
  • ⾦箔加飾
  • レーザー彫刻
  • アクリル

 


オリジナルでつくる冷え枡


ロゴやイラスト・写真・手書きの絵などオリジナルのデザインを名入れし、ご希望に合わせた特別な枡を製作させていただきます。

冷え枡は祝枡など酒を飲むための「酒枡」をアクリルでつくり出した透明枡であり、品名は冷え枡ですが、透明枡・クリア枡・アクリル枡などのいろいろな呼ばれ方をしています。

アクリルの厚さを5mmとすることで、その透明感を最大限に演出し存在感を発揮します。是非一度お手にとり、手に触れた際のなめらかな質感や重厚感を感じてみてください。

古来より「ます」という言葉は「増す」や「益す」という語呂から、「福が増す」や「益々繁盛」と縁起の良い品として祝いの場で用いられてきました。

乾杯のグラスや、最近流行りのこぼれ酒は日本酒だけでなくワイン・シャンパンなどいろんなお酒でも人気です。

そのほか、結婚式の席札枡やプチギフト、式典の記念品、イベントグッズ、商品や企画のプロモーションツールとしていかがでしょうか。

※ アクリル樹脂は除菌用アルコールや台所用洗剤(高濃度のもの)などの界面活性剤や、アルコール度数の高いお酒(30度以上)との接触によりクラック(ひび割れ)が発生する恐れがありますのでご利用方法にお気をつけください

 


簡単にオリジナル冷え枡を製作


オーダーメイドの流れのご案内

 

1 ご希望の商品内容をお知らせください


■ ご希望サイズ  一合冷え枡、5勺冷え枡、3勺冷え枡の3種類の中からご選択

■ 底ラインの有無 パステル、クリスタル、モノトーン計14色からご希望の色をご選択

■ ご希望数量   通常ロット200個~、小口ロットは50個から製作可能

■ ご希望納期   デザイン校了後1~2週間目途で発送(数量や仕様により異なります)

■ 納品先     納品先のご住所を確認し立替え運賃を算出

2 名入れデザインをお知らせください


■ 名入れの箇所  側面、底面よりご選択(複数箇所への名入れ可能)

■ 名入れデザイン デザインデータをメールやお問い合わせフォームよりご入稿ください

■ 名入れの色   ①入稿データのままの配色 ②底ラインと同色 ③その他希望色 から指定

※ ご希望の指定色がある場合、DICのカラー番号や色見本となるものが必要です

※ 解像度の低いデータや細かい模様や線の場合、印刷が潰れる可能性があるのでご注意ください

3 校正


弊社にてデザインのデータを確認後、デザインの校正を送らせていただきます

4 製作


デザイン校了後、工場・職人が一体となって製作を開始

5 検品・梱包・発送


名入れ完了後、全数を手作業による検品後お届けいたします

 


冷え枡の詳細について


■ 3種類の大きさ ■ カラーバリエーション ■ 名入れ方法 ■ その他オプション

 

■ 3種類の大きさ


冷え枡には大きい方から一合枡(容量約180ml)5勺枡(容量約90ml)3勺枡(容量約58ml)の3種類のサイズがあります。

→ 寸法ついての詳細はこちらのカタログチラシをご覧ください

ギフトグッズや飲み比べのグラス、こぼれ酒の受け皿など用途によりサイズや容量の大小をお選びいただいております。

 

■ カラーバリエーション


 

冷え枡は底面に色ラインを入れることで彩りを添えています。

底ラインの色がアクリルに乱反射して、枡全体に色味を与える仕組みです。

色は大きく分けて3パターンでパステル(上段)、クリスタル(中段)、モノトーン(下段)があります。

■ パステル6色 オレンジ・青・ピンク・黄・赤・緑

■ クリスタル6色 エメラルド・透明・紫・サファイア・琥珀・ブドウ

■ モノトーン2色 黒・白

 

パステルやモノトーンはベタの塗料

クリスタルは透けた塗料

ベタ塗りも透けた塗りも、どちらもしっかり枡全体に色を反映させます。

底ラインは名入れする文字やロゴの色と同じ色にすることが多いですが、もちろん違う色や底ラインをなし(透明)にすることもできます。

完成のイメージに合わせ、底ラインの有無やどの色にするかをお選びください。

※ ロゴや企画イメージに合わせて設定の14色以外で底ライン色をご希望の場合はご相談ください

 

■ 名入れ方法


 

印刷方法は数量・デザイン・色数によって最適な手法を案内させていただきます。

① スクリーン印刷      名入れする際のメインの手法

② UVインクジェット印刷 キャラクターやグラデーション、写真など多色印刷の場合

③ レーザー彫刻       印刷とは違いアクリルの面に彫刻で名入れ

名入れの箇所は側面と底面の外側で、1面はもちろん複数の面への印刷も可能です。底面印刷の場合、成型の際のゲート口(突起)がありますのでデザイン時お気をつけください。

 

■ スクリーン印刷とは

スクリーン印刷は木枠にスクリーンを張ってスキージを使いインクを刷る方法です。

金や銀のきらめきを表現することやインクの層を厚く盛ることができ、銀台印刷(粉体:金粉・銀粉・パール粉)による蒔絵調印刷など漆器で多く使われています。

木枠にスクリーンを張った版はデザインごと色ごと(1面1色につき)製版が必要で、数に応じ製版代が必要となってきますが印刷の単価は抑えめです。

ご注文数量が多い際は印刷単価が安いことから単価メリットがでてきます。

 

■ UVインクジェット印刷とは

UV印刷は紫外線をあてることで硬化するUVインキを使う印刷機による方法です。

写真やグラデーション、色数の多い場合などの細かな配色に向いており、一度の印刷で複数の色の印刷が可能です。

スクリーン印刷と比べて印刷単価は高くなりますが、製版は不要です。

ご注文数量が少ない際は製版代がかからないことから単価メリットがでてきます。

 

スクリーン印刷やUV印刷の印刷例…

スクリーン印刷の場合の印刷・製版数

側面1面3色印刷:計3版、ロゴ黒色・青色・白色、底ライン色(サファイア)

スクリーン印刷の場合の印刷・製版数

側面2面表3色裏1色印刷:計4版、ツリー(金色・銀色・白色)鶴と文字(金色)、底ライン色(金)

 

スクリーン印刷の場合の印刷・製版数

底面3色印刷:計3版、カニ(赤色)海藻(緑色)泡(白色)、底1面ベタ青

 

■ レーザー彫刻とは

レーザーによる彫刻機を使い、アクリルの面にロゴや模様を掘ります。

麻の葉模様の幾何学模様など、アクリルの透明感と立体感を活かした名入れが可能です。文字はレーザー彫刻だと目立ちにくいので、スクリーン印刷やUV印刷の方が良いかと思います。

 

レーザー彫刻の例…

側面4面同一デザイン彫刻:麻の葉模様、底ライン(透明)

 


■ その他のオプション


冷え枡への様々な加飾はもちろん、パッケージや付属品についてもおまかせください。

 

例えば‥

■ 日本酒の飲み比べイベントでの落とさない工夫

真田紐ストラップ(穴開け加工)

→ 5勺冷え枡に穴開け加工をし、ストラップ枡専用キタデオリジナル真田紐をセット

 

■ 結婚式のプチギフトをつくりたい

専用のクリアボックスのパッケージと装飾

→支給のお菓子をアッセンブリーし、クリアボックスに水引ゴムと併せセット

 


もう一度ご注文の流れについて


 

1 ご希望の商品内容をお知らせください


■ ご希望サイズ  一合冷え枡、5勺冷え枡、3勺冷え枡の3種類の中からご選択

■ 底ラインの有無 パステル、クリスタル、モノトーンよりご希望の色をご選択

■ ご希望数量   通常ロット200個~、小口ロットは50個から製作可能

■ ご希望納期   デザイン校了後1~2週間目途で発送(数量や仕様により異なります)

■ 納品先     納品先のご住所を確認し立替え運賃を算出

2 名入れデザインをお知らせください


■ 名入れの箇所  側面、底面よりご選択(複数箇所への名入れ可能)

■ 名入れデザイン デザインデータをメールやお問い合わせフォームよりご入稿ください

■ 名入れの色   ①入稿データのままの配色 ②底ラインと同色 ③その他希望色 から指定

※ ご希望の指定色がある場合、DICのカラー番号や色見本となるものが必要です

※ 解像度の低いデータの場合、細かい模様や線が潰れる可能性があるのでご注意ください

3 校正


弊社にてデザインのデータを確認後、デザインの校正を送ります

4 製作


デザイン校了後、工場・職人が一体となって製作を開始

5 検品・梱包・発送


名入れ完了後、全数を手作業による検品後お届けいたします

 

 

以上、イベントグッズやプロモーションツール、販促品にオリジナルのアクリル枡はいかがでしょうか。